ブレーン

クリエイティブ

企業課題を解決するクリエイティブの最新事例を、毎月お届けしています。

月刊誌

ブレーン

企業課題を解決するクリエイティブの最新事例を、毎月お届けしています。

ブレーン
創刊 1961年
発売日 毎月1日発売
発行部数 50,000部
定価 1,300円(込)
判型 A4変型判
販売方法 全国有名書店、ならびに定期購読
近年、企業にとっての「クリエイティブ」は、単なる外見のデザインだけではなく、企業課題を解決するソリューションとして必要されるようになっています。

 

そんな中、月刊「ブレーン」は企業とクリエイター、双方に55年間向き合い、企業課題を解決するクリエイティブの実例の取材を重ね、クリエイターの想いと企業の想いを聞き続けてきました。

 

そこでブレーンでは、取材を通して多くのクリエイターと築いてきたリレーションを元に、過去事例を取り上げるだけでなく、企業とクリエイターとの懸け橋となり、新たな切り口でのクリエイティブ制作をお手伝いしています。

 

今までに出会ったことの無いクリエイターに出会い、企業の課題を解決するクリエイティブを生み出す場として是非「ブレーン」を多くの企業に活用いただけますと幸いです。

 

すでに、ブレーン誌面上で企業とクリエイターのコラボコンテンツが生み出されています。
一部抜粋を以下にてご紹介いたします。是非、ご覧ください。

 

ブレーンから生まれたクリティブ事例


<森永製菓 × クリエイティブリレー>


<ブレーン×SEIYU>

 

「ゼロ動」は、西友の「プライスロック」をテーマに6組のクリエイターに動画広告の制作を依頼、完成した動画を公開してそれぞれの人気を競う、ブレーン発のクリエイティブ制作企画です。

 

もしも、CMのテーマ以外「制約ほぼゼロ」の動画制作を依頼されたら、どんな広告表現が生まれるのだろうか?

 

——こんなテーマに6組のクリエイターが挑戦した西友×ブレーンのコラボレーション企画「ゼロ動」のサイトで、完成した6本のCMが公開されました。


<ブレーン×KOMEHYO>

 
 

2012年65周年を迎えたコメ兵は、ブレーン2011年12月号の特別企画「クリエイティブリレー」に参加しました。この企画から生まれたビジュアルです。

 

本ビジュアルは、人から人へと“もの”がリレーされていく様子、「Reuse」(リユース)が持つ、環境負荷の低減といったメリットを11人の女性モデルの手と、赤いボールを使って表現したもの。

 

ブレーン本誌だけでなく、新聞広告、店頭ポスター、交通広告まで展開されました。

 
「クリエイティブリレー」とは?

 

企業が課題テーマを出し、テーマに対するクリエイティブ作品を、複数のクリエイターが持ち回りで制作します。
各クリエイターの感性を元に、新たなクリエイティブが生まれます。
制作された広告は、ブレーン誌上の「クリエイティブリレーコーナー」で紹介されます。

 

企画書:クリエイター×企業「クリエイティブリレー」グラフィック編

企画書:クリエイター×企業「クリエイティブリレー」映像編


<ブレーン×三井化学>

 

2017年、発足20周年を迎える三井化学は、「日本を支える三井化学の持つ素材の魅力を、クリエイターの発想力とともに日本に伝える」ことを目的に、クリエイティブリレーに参画しています。

 

クリエイターは三井化学の素材に対して、ビジュアルだけではなくプロダクトを提案。実際にプロトタイプを作成し誌面に掲載、三井化学×ブレーンの特設サイトにも展開されています。


<ブレーン×YKKAP>

 

2014年5月より、月刊「ブレーン」内で「窓の灯り」をテーマとして人気作家の方々にリレー形式でエッセイを執筆いただく連載企画です。

 

「今夜も窓に灯りがついている」を連載タイトルに、テーマに共感するYKK APスポンサードコンテンツとして、「ブレーン」本誌表3見開きに掲載されています。


入稿仕様書はこちら

広告掲載のお問い合わせ